コラーゲン

imageコラーゲンは体内に最も多く存在するタンパク質の一種で、カラダの弾力とハリを保って、若々しさを維持します。
しかし、年齢を重ねると体内でのコラーゲン合成量が減り、見た目も老化がはじまります。

コラーゲンは、体内で鉄とビタミンCの作用で合成されます。
人間と同じように体外からコラーゲンの形でとっても、体内でアミノ酸まで分解され、コラーゲンとして再合成されるかどうかの保証はありません。
しかしながら、良質のアミノ酸補給として、コラーゲンを摂取する意味があるかも知れません。

効果としては、(コラーゲンで摂取することにより)免疫が強化されることもあります。