コンドロイチン

image語源は「軟骨のもと」で、その名の通り軟骨に多く含まれているムコ多糖類の一種です。
ほか、角膜、骨や皮膚などカラダのあらゆる部位にあり、すぺての組織細胞の働きをサポートする潤滑油的な役割をしているのです。

おもな働きは、細胞に保水力や弾力性を与える、血液の栄養素を細胞に与える、老廃物の排出などです。
加齢とともに体内での生成が減り、その結果として、関節の軟骨が不健全な状態になり、骨折しやすくもなります。

関節の痛みやリウマチなどに効果が期待できます。