ビタミンD

imageビタミンDは紫外線から体内で合成されるので、日頃お散歩などを心がけていれば、あまり欠乏は心配ありません。また、食事からでも気軽に摂取できます。

サプリメントとして利用するなら、骨の健康を保つカルシウムなどのサプリと併用するといいでしょう。
ビタミンDは、体内のカルシウムのバランスをとるとともに、骨や歯を作るときにカルシウムとともに必要です。
ただし、過剰症として、肝臓にカルシウムが沈着したり、逆に骨がもろくなる場合もあります。

効果としては、間接障害の予防や虫歯予防です。